【バドミントン部】 シングルス5名、ダブルス1組勝ち上がる

 6月15日、舞洲アリーナに於いて行われた関西学生バドミントン選手権大会。男子シングルスでは主将・栗田輝亮(文4)がダブルスでは清水大輔(社4)・山下貴士(経3)ペアが順調に勝ち上がり、女子シングルスでは大阪あや(社3)川田茉衣(文3)久枝ゆい(文2)村岡尚美(教1)が勝ち進んだ。次の試合は、男子ダブルスは準々決勝、男子シングルスは5回戦、女子シングルスは4回戦となる。

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です