【庭球部】 激戦制せず。悔しい準優勝

 6月6~14日に靱テニスセンターに於いて行われた平成21年度関西学生春季テニストーナメント。最終日の今日は決勝が行われ、男子ダブルスに山崎皓平(文3)・辻田康太郎(商1)組が出場した。第1セットでは序盤からペースをつかんだ関学だが相手も引かず、タイブレークに突入する。両者譲らぬ展開になり、結局このセットを取られてしまう。続く第2セットでは、健闘を見せるものの強気なプレーができずに6―4で敗北。初タイトルがかかった試合だったが惜しくも準優勝となった。
試合後のコメント
主将・伊東勇登(商4)「いつもやったら上にいってる選手も負けたし、その責任は感じている。インカレはいっぱい練習して上位を目指していきたい」
山崎「準優勝はよかったと言えばよかったけど、優勝するチャンスがあったから悔しい」
辻田「試合始まった時は震えてたんですけど、(サービスゲームを)キープできてよかったです。準優勝は悔しいです」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です