【アイスホッケー部】 3羽ガラス、計3ゴールの大活躍!/関西カップ

 6月11日に関西大学アイスアリーナで行われた関西カップ(対関大)。関学は3年生FWの3羽ガラス、千田、古山、大嶋がそれぞれ1ゴールを上げる。失点が響き3―5と敗北したが、次世代のプレーヤーが活躍する内容だった。
【3羽ガラス 躍動!】
 オレたちが決めるぜ!関西カップの関大戦で3年生FWの古山(商)、千田(経)、大嶋(社)がそれぞれ1ゴールをマーク。その得点力でチームを引っ張る3羽ガラスが、関関戦本戦でも大暴れする!
 いつにもまして1点の重みを感じさせる緊迫したゲームになった。そうして関大1点リードで進んだ2P(ピリオド)、大嶋はおいしいところにいた。「ごちゃごちゃになるとふんでて、ゆっくり」ゴール前で構えていた。果たしてその読みどおりにパックは大嶋の目の前に。GKの動きを外す技ありの同点ゴールを決
めた。チームプレーを念頭に献身的な姿勢を見せるも、おいしいところを確実に決めるあたりが、この男の魅力だ。
 大嶋の同点弾も、そのあとは関大が追加点を重ねていく。けれどもこのまま、ズルズルいかないのが今年の関学。1-4で迎えた3P、開始早々に古山が動く。チームが攻撃に転じた刹那、ミドルレンジからシュートを放つ。パックはネットに突き刺さったが、そのあまりにも一瞬の出来事に会場は静まった。すぐさま歓声が巻き起こり、この日の見せ場を作った。「流れを変えたくて。思い切り振りかぶった」。したたかにゴールを狙う古山の怖さがここにある。
 取っては取られる展開のなか、攻めあぐむチーム。試合も残すところ数分、パワープレーでチャンスが訪れる。主将・長友(文4)がパックをキープした状態で、千田が「フリーのとこ見つけれて」走り込んだ。主将との意思疎通が成されたパスワークで前線に。そのままシュートを決めた。これがこの試合チーム最後の得点に終わったが、それでも食らいつく姿勢を出し切ったことは次につながる。次のゴールは勝利へ導く決勝点にしてみせる。
 この日の得点は全部3年生が決めたもの。次世代FWが存在感を見せつけた。「来年にもつながる」と千田。チームを引っ張る覚悟はすでに胸に持っている。「自分が決めて、同回も火がついた。(千田のゴールも)自分が決めたぐらい嬉しかった」(古山)と互いに刺激しあえる間柄なのも強み。この3人からますます目が離せなくなってきた。
【関関戦へむけて】
大嶋「自分が決勝点を決めて、チームが勝てれば!」
古山「120%出して、頑張ってる姿を見せたい」
千田「魅せます!」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です