【軟式野球部】 関西3位!全日出場決定

 6月8日、尼崎市記念公園野球場に於いて行われた関西地区大学準硬式野球選手権大会3位決定戦(対大経大)。 関学は初回、廣橋(社4)のタイムリーで先制。その裏に2点を取られて逆転を許すが3、5、6回にタイムリーヒットを放ち4対2で勝利した。全日出場が決定した。
 準決勝で甲南大に惜しくも敗れた関学。だが関西選手権3位までには、全日出場権が与えられる。全日出場を目指し大経大に挑んでいった。
 先攻の関学は初回、原田大(商3)の出塁をきっかけに満塁のチャンスを作る。このチャンスで打席には、主将・廣橋(社4)が立った。廣橋はライト前に打球を放ち、タイムリーヒットとなる。先制のチャンスを生かすことができた。
 しかしその裏、立ち上がりの塩澤(商4)が大経大につかまる。2、3番に連打を浴び1死二、三塁のピンチを迎える。4番を三振に抑え2死としたが、5番にレフト前ヒットを打たれる。2点が入り、逆転された。
 追う展開となった関学は3回、1死三塁のチャンスを作る。このチャンスで4番・西尾(経4)は初球を狙った。放たれた打球は、ピッチャーの横を抜けてセンターへと運ばれた。4番の一打で試合を振り出しに戻した。
 さらに5回、富田(文3)のヒットから三塁までランナーを進めた関学。この場面で原本(経3)が三遊間を破りタイムリーヒットを打つ。この回で逆転に成功した。
 流れに乗った関学は、6回にも2死三塁のチャンスを作り攻め込む。原田大(商3)がライト前に打球を運び4点目が追加された。
 このまま逃げ切りたい関学は、7回から2番手・内垣(文4)がマウンドへ上がる。3イニングを安定したピッチングで締めくくりゲームセット。4対2で関西3位の座を勝ち取った。
 全日出場を決め、安堵の表情を浮かべた関学ナイン。廣橋は「うれしい。全日までまた一からチームを作る」と早くも標準を全日に合わせた。この夏、昨年のリベンジを誓い全国の強豪校に挑んでいく。

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です