【軟式野球部】 無念の敗退

 6月6日、神戸総合運動公園サブ球場に於いて行われた関西地区大学準硬式野球選手権大会準決勝(甲南大戦)。 関学は初回、塩澤(商4)が立ち上がりを攻められ2点を失う。中盤に同点に追いつくものの、2番手の内垣(文4)も失点し2対4で敗退した。 これにより関学は、8日に行われる3位決定戦に回ることになった。
 一回戦を圧勝で突破し、勢いに乗って挑んだ関西選手権準決勝。相手は、秋の関西選手権覇者・甲南大だ。強豪校同士の対決は、互いに一歩も譲らない接戦となった。
 関学の先発マウンドには、二枚看板の一人、左腕の塩澤(商4)が上がった。初回、塩澤は立ち上がりを攻められて、1死満塁のピンチを招く。5番打者にライトへ犠牲フライを打たれて先制を許してしまう。さらに続く6番打者に、ファースト強襲の内野安打を打たれて2点目を与えた。
 追う立場となった関学は3回、トップバッター・原田大(商3)のフェンス直撃の三塁打で無死三塁とした。1死となり、打席には3番・田中。痛烈な打球は一、二塁間を破ってライト前へのタイムリーヒットとなった。
 1点を返した関学は5回、9番・石田(社4)が左中間へ大きな当たりを放った。三塁打となり同点のチャンスを迎える。その直後、原田大への初球がワイルドピッチとなり同点となった。ここで甲南大はエースを投入する。
 流れが関学に傾いたかと思われたが6回、4回からマウンドに上がった内垣が二連打を浴び、3点目を与えてしまう。
 関学は7、8回に得点圏にランナーを進めるがあと一本が出ない。逆に8回、大きな4点目を与えてしまった。最後まであきらめない関学だが相手エースをとらえきれず、2対4で敗れた。
 関西最高峰の戦いは、甲南大に軍配が上がった。「打力は相手がぜんぜん上。見習う点が多かった」と廣橋(社4)は悔しさを見せた。全日出場権を手に入れるため、3位決定戦にすべてを懸ける。
試合後のコメント
主将・廣橋「こっちがゲームに入り切る前に、先制された。優勝はなくなったが、全日に出場するため、次は絶対に勝つ」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です