【卓球部】 男子シングルスでベスト8に輝く!

 5月31日、近畿大学記念会館に於いて行われた平成21年度(第78回)関西学生卓球選手権大会。最終日の今日は、29日から行われている男女シングルスの4回戦目から試合が行われた。関学は多くの選手が勝ち残っており、各々が力を発揮した。中でも男子シングルスにおいて、村上(社3)は接戦にもちこまれるも、確実にポイントを重ねて勝ち上がり、見事ベスト8に輝いた。また昨日行われた男女ダブルスでは、男子の田中(商3)・上野(経1)ペア、津田(商3)・松本(経2)ペアがベスト16に輝くなど健闘を見せた。
試合後のコメント
主将・ 武川陽平(経4)「昨年と比べて結果的には良くなかったが、全体的に見ると下級生も含めて格上の選手にも勝てていたので、いい試合をしてくれたと思う。だが、接戦でも勝てるようにもっと強化していかなければいけない。ダブルスは最後、どちらもセットオールで負けたが、気合いの入った試合をしてくれたので秋の試合でも活躍できたらと思います」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です