【陸上ホッケー部】 王座出場ならず

 5月30日、長居球技場に於いて第28回大学王座決定戦出場権プレーオフが行われた。関学は東学大と対戦。技術の高い強豪校相手に終始攻め込まれるが、前半を1―2で終える。後半も苦戦を強いられ結果、2―4で敗北。王座出場はかなわなかった。
試合後のコメント
主将・坂田剛敏(社4)「技術は相手が上手いことは分かってたから、気持ちでいこうと言っていた。結果は実力通り。もう少しうちがひねられたら違ったかも」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です