【軟式野球部】 打線大爆発!1回戦突破

 5月30日、尼崎市記念公園野球場に於いて行われた関西地区大学準硬式野球選手権大会(対奈良県立医科大)。 関学は2回に内垣のタイムリーヒットで先制する。流れに乗った関学は3回、打線が繋がり一挙10点を奪う。さらに得点を追加し18対2で勝利した。
 関西ナンバー1の座に君臨するため、各リーグを制した強豪校が激突する関西選手権。上位3校には全日出場の権利が与えられる。全国制覇を目標に掲げる関学は、圧倒的な強さで1回戦を突破しベスト4に進出した。
 初回、関学は1死三塁のピンチを招く。だが先発を託された内垣(文4)は、冷静な投球で後続を打ち取りピンチを脱する。
 立ち上がりのピンチを切り抜けた関学は2回、西尾(経4)がツーベースヒットを放つ。チャンスを広げ2死二、三塁とし、打席には8番・内垣。内垣は2球目を強く叩き三遊間を破った。先制した関学は、さらにワイルドピッチで追加点を奪う。主将・廣橋(社4)が「ワンチャンスをものにできた」と語るように練習
の成果をみせた。守りでも、内垣は打たせて取るピッチングでチームにリズムを作っていく。
 3回には、先頭打者・原田大(商3)の出塁をきっかけに関学打線が大爆発する。長打を含めた7安打の猛攻で一挙に10点を追加。奈良医大のエースを降板させ、完全にゲームの主導権を握った。
 大量のリードを得たが、攻撃の手を緩めない関学。5回、先頭の原田大が左中間へツーベースヒットを放つ。このヒットを皮切りに、1番原田大から6番廣橋まで怒とうの6連打でダメ押しの6点を奪った。
 6回以降はレギュラーメンバー全員を交代。今後を担う若き選手たちが出場し、公式戦の経験をつんだ。7回に2点を返されたものの、18対2で7回コールド勝ち。投打が完璧にかみ合った試合となった。
 準決勝に駒を進め、廣橋は「気を抜いたらやられる。プレッシャーもあるが、この流れで次も先取点を取って勝利する」と意気込んだ。次戦は、優勝候補の甲南大が相手だ。相手として不足はない。今期、関西最高峰の一戦が始まる。

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です