【アメリカンフットボール部】 社会人に惨敗

 5月30日、王子スタジアムに於いて行われた、第59回神戸ボウル対アサヒ飲料。関学は社会人相手に苦戦し、何度もファーストダウンを更新される。前半は0―14とリードを許したまま終了。第3Qにもタッチダウンを許し、リードを広げられる。何とか点を奪いたい関学は第4Q、QB浅海(社4)からのパスをWR萬代(社4)が華麗にキャッチ。執念のTDを決めた。しかし、終始流れはアサヒ飲料に持っていかれた。そして7―31での惨敗を喫した。
試合後のコメント
鳥内監督「最悪の試合だった。日本一を目標にするのは早すぎる。このままでは立命館には勝てない」
主将・新谷太郎(経4)「今まではまぐれで勝っていたが、今回は実力差が出た。春はこの試合をターニングポイントにしてきたが完敗だった。この敗北を機にチームがどうしていくかが問題だ」
RB河原(経4)「1対1で全員が負けていた。自分たちの能力を出せる場すらなく、ユニットとしても完敗。1対1で勝つことが今後の課題です」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です