【バドミントン部男子】 流れつかめず敗北

 5月12日、臨海スポーツセンターに於いて行われた関西学生バドミントン春季リーグ対同大戦。関学は第1シングルスは勝利を収めるも、その後の試合では勝ちきることができず、1ー4で敗北を喫した。
試合後のコメント
栗田輝亮(文4)「今日の試合は自分がだめだった。入れ替え戦は確定したのでそれを想定して明日の試合に臨みます」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です