【アイスホッケー部】 壮絶な打ち合い!今年の攻撃力の高さ見せつける/瀬田カップ

 5月11日に滋賀県立アイスアリーナで行われた瀬田カップ対同大戦。最大3点差をつけられていた関学は3P(ピリオド)で攻撃力を爆発させるも、要所での失点が響き4―5で敗北した。けれども黒星以上に、攻撃のリズムやまた失点シーンでの課題が見つかり収穫のある試合だった。
 今年から参入を決めた瀬田カップ。関西の公式戦ではないが、出場校は「関同立」が並ぶ。大会レベルは関西リーグ級で夏の関西インカレの前哨戦ともいえる。この日の相手は同大。昨年はリーグ、プレイオフでともに白星をつけた相手で、今年も幾度と対戦が予想される。主将・長友泰樹(文4)も「圧倒しよう」とチームは意気込んでいた。
 しかし「ウチの反則が多かった」と出だしから不利な状況を自ら作り出してしまう。1Pはキルプレー残り2秒で粘りきれず失点。2Pも守りきれずゴールを許した。まだ構築されていないディフェンス面での連携ミスが響く。2-1で最少得点差で迎えた3Pも開始早々から2点を奪われた。防御甘さが浮き彫りになった展開。このままずるずるいくか。そう思われたが、ここから今年のチームはその強さを見せつける。オフェンス面だ。
 3分にDF藤川新之助(経2)がゴールを奪うと反撃ののろしは上がった。9分には主将が抜け出して得点を決めると、12分にはFW千田大地(経3)もフリーの状態からゴールネットを揺らす。「抜くまでは狙い通り。(シュートは)もう打つしかなかった」と会心の一撃にニヤリ。もはや攻撃のリズムは最高潮に。流れは出来上がりチームは最後まで攻め続けた。
 しかし、3Pの失点すべてが終わってみればあだに。「やってはいけないこと」と長友は苦い顔。藤川の得点の数秒後の失点は気の緩みからだった。そうしてあと1点が届かず結果4-5。打ち合いになった3Pからはチームの攻撃力の高さがうかがえたが、一方で課題は明確になった。
 今年掲げる「全員攻め、全員守り」のスタイル。リズムを掴めば、しっかり得点につなげることが出来る。この日のゴール量産はまさにこの形。また連携や意識統一がなせればディフェンス面でも抜け目が無くなる。「チームの実力が分かるよね。関カレにむけて、現状が分かった(長友)」と収穫ありの様子。『トータル・アイスホッケー』の完成を目指し、瀬田カップでさらなるレベルアップを目指す。
ゴールを決め、ガッツポーズを見せるFW千田(手前は長友)

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です