【ハンドボール部女子】 有終の美!大差で滋賀大下す。

 5月6日、神戸国際大学に於いて行われた平成21年度関西学生ハンドボール春季リーグ戦の最終戦。関学は、出場した選手のほとんどが得点する怒とうの攻撃を演じ、44-7の大差で滋賀大を圧倒した。
試合後のコメント
主将・吉田夕紀(法4)「4年生にとって最後の公式戦でした。3位になるため、とにかく点差をつけて勝つ必要があったけど前半はもう少し失点を抑えて、取れるところで取れれば良かった。後半はおもしろいように点が取れたので気持ち良かったです。(現役最後の試合である)関関戦までの1ヶ月半は、後輩たちに残せるものを残してあげたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です