【ソフトテニス部】 男子、リーグ戦3位に終わる

 勝負が決まる2日目。女子も応援に駆けつけ、関学の声援が会場に響いていた。そんななか大商大との戦いが始まる。1番手、仙福(商3)・加藤(文4)ペアが登場。序盤は相手のストレートに苦戦しペースをつかめない。しかし加藤の確実なボレーと仙福の鋭いストレートが決まりだし、ペースを取り戻す。そして4ー3で勝利した。2番手は城門(文4)・巽(文2)ペア。素晴らしいチームワークで4ー3で勝利。続くシングルスの緒方(文3)、白井(経2)・和田(経3)ペア、三木(法2)・藤田(人2)ペアも実力の差を見せつけ、試合を優位に進め4ー0と圧勝する。そして関学は大商大に5ー0で勝利し、2日目は好調なスタートを切った。
仲間の応援を背にし、鋭いサーブを決める花
 最後の相手は立命大。負けられない試合となる。大商大戦とはメンバーを少し変え、臨んだ関学。しかし関学は1番手の山中(商3)・塩田(法3)ペア、2番手の白井・花(経2)ペア共に、粘り強い戦いを見せるも2ー4で敗北してしまう。後がなくなった関学、登場したのはシングルスの緒方だ。緒方はプレッシャーを物ともせず、鋭いボールで相手をほんろう。4ー1で1勝を手にした。続く仙福・加藤ペア。仙福のストレートが冴える。相手もくらいついてくるが、加藤の冷静なプレーで4ー3で勝利。関学は最初の2敗を取り戻した。勝負の最終戦。5番手は三木・藤田ペアだ。仲間の応援を力にし、次々とポイントを重ねた。しかし中盤、相手の力強いサーブに苦戦し、関学はミスが目立ち始める。そのままペースを取り戻すことができず、2ー4で敗北した。 その結果、関学は立命大に惜しくも2ー3で敗れ、総合成績3位で春リーグを終えた。
試合後のコメント
主将・城門「優勝した同大とは技術の差はありませんでした。私自身が就職活動などで練習にも出られず、試合に出てチームを引っ張れなかったのが敗因だと思う」

対 関大
1和田・巽2ー4三木・横山
2三木・藤田4ー3筋師・口野
3緒方4ー1今西
4山中・松尾(商4)2ー4平山・大友
5仙福・加藤4ー1友谷・斎藤
対 天理大
1三木・藤田2ー4河村・浦部
2城門・花2ー4南本・本庄
3緒方4ー1竹島
4和田・巽3ー4川口・小山
5仙福・加藤4ー1中山・梶丸
対 同大
1城門・松尾2ー4阪口・柴田
2仙福・加藤3ー4増田・越智
3緒方3ー4清水
4和田・巽4ー2安倍・金丸
5三木・藤田4ー2太田・善野
対 大商大
1仙福・加藤4ー3長谷川・岸田
2城門・巽4ー3飯坂・西村
3緒方4ー0藤原
4白井・和田4ー0鎌田・甲斐
5三木・藤田4ー0武富・筒井
対 立命大
1山中・塩田2ー4小島・向井
2白井・花2ー4梅本・生田
3緒方4ー1稲川
4仙福・加藤4ー3有家・鈴木
5三木・藤田2ー4中西・東方
総合成績
2勝3敗 第3位

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です