【バドミントン部男子】 あと1本が出ず

 5月4日、龍谷大学於いて行われた関西学生バドミントン春季リーグ対近大戦。関学は第1シングルスを落としてしまう。続く第2シングルスは落ちついた戦いぶりで勝利する。しかしその後のダブルス、シングルスは決定打を欠き、1―4で近大に屈する。リーグ初戦を白星で飾ることはできなかった。
試合後のコメント
主将・栗田輝亮(文4)「チームの雰囲気は悪くなかっが、詰めが甘かった。次の立命大戦は同じことを繰り返さないように、備えたいです」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です