【ハンドボール部女子】 入れ替え戦への望み、断たれる

 5月2日、八幡市民体育館に於いて行われた平成21年度関西学生ハンドボール春季リーグ戦の第5戦。関学は2部2位の関外大を相手に14-25で敗北を喫する。これで関学は1部リーグとの入れ替え戦への挑戦権を失い、2部残留が決定した。
試合後のコメント
主将・吉田夕紀(法4)「今日勝ったら入れ替え戦への望みがまだあったので、勝ちたかった。前半10分ぐらいまで競ってたけど、いったん点が取れなくなって相手に流れを持って行かれてしまった。ラスト(最終戦)の相手は3部上がりのチームなので、大差つけて、メンバー全員を出すよう頑張ります。目指せ全員得点!気持ちよく勝つんでよろしくお願いします」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です