【硬式野球部】 大一番の立命大戦、無念の敗北

 4月27日、南港中央球場に於いて行われた関西学生野球六大学春季リーグ対立命大2回戦。関学は初回に先発・樫岡徹(商3)が立命打線に捕まり、先制されてしまう。その後も3回、5回と追加点を許し、最終回に1点を返すも後が続かず、1―3で敗れた。
試合後のコメント
清水監督「樫岡の調子は悪くなかったが、立命大にうまく打たれた。今の打線的にも先取点をとられたのが痛かった」
主将・有木孝広(商4)「相手投手はコントロールが良く、テンポを崩せなかった。力負けしたという感じ。優勝がなくなり悔しいが、次の関大戦は観ている人に何か感じてもらえる試合をしたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です