【ハンドボール部女子】 昨リーグ1位を相手に引き分ける

 4月25日、舞洲アリーナに於いて行われた平成21年度関西学生ハンドボール春季リーグ戦第3戦。関学は昨リーグ1位の福科大を相手に23-23の引き分けと健闘を見せる。これで1勝1敗1分けとなり、優勝争いからまだまだ目が離せない戦いが続くこととなった。
試合後のコメント
主将・吉田夕紀(法4)「2部1位に同点というのはでかい。でも自分自身は思うようなプレーが出来ていなかった。明日(佛大戦)につなげたらいい。明日、実力的に大差をつけるのは可能だと思う。2年の子達に試合を経験さしてあげたいから、スタメンが前半からガンガンいきます」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です