【軟式野球部】 5季ぶり秋春連覇達成

 4月23日、わかさスタジアム京都に於いて行われた関西六大学準硬式野球春季リーグ戦第5節2日目(対関大)。
 2回、先発塩澤(商4)は内野安打で先制を許す。追いつきたい関学は6回、犠牲フライで同点に追いつく。さらに7回、富田(文3)がレフトに勝ち越しタイムリーヒットを放った。相手の悪送球の間にさらに1点を追加。3対1で勝利を収め、春季リーグ戦の頂点に君臨した。
 以下、関学が獲得したタイトル一覧である。
【最優秀選手】 内垣翔太
【最多奪三振】 塩澤直樹
【打率5位】 富田真司
【最多盗塁】 富田真司
【ベストナイン】
遊撃手 富田真司
外野手 田中啓吾
関大 010000000=1 H7E2
関学 00000120×=3 H4E1
(関学)塩澤―石田
 春にしては肌寒い風が吹きぬける中、最終節の2日目の試合が始まった。先発としてマウンドにあがったのは塩澤。1回は関大打線をそつなく抑えたものの、2回にツーベースヒットで出塁されると、内野ゴロの間に1点を先制されてしまう。すぐに追いつきたい関学だが、なかなか相手ピッチャーから連続ヒットを奪えず苦しい展開が続く。
 そして、1点ビハインドの6回に試合は動いた。2番富田(文3)がライト前ヒットで出塁。初めてノーアウトでランナーを出すことに成功する。その後相手のエラーや送りバントで1死二、三塁のチャンス。バッターボックスに入ったのは主将である5番廣橋(社4)。レフト方向深めに高く上がった打球を、左翼手が取った瞬間に三塁ランナーの富田がタッチアップ。貴重な1点を得ることができ、試合はふりだしに戻された。
 直後の7回、フォアボールで6回同様に先頭バッターを出塁させると、富田の今試合2本目となるヒットを放ち1点、相手のエラーで1点と合計2点をもぎ取り、関大を引き離す。そして9回、相手のラストバッターを三振に取り試合終了。同大が第1試合で敗れ、関学が第2試合で関大に勝利したことにより、関学のリーグ優勝が決まった。関学は5年ぶりの秋春関西制覇を成し遂げ、全国への切符を掴むために、次の関西選手権に挑む。

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です