【軟式野球部】 関大を完封!優勝をかけ最終戦へ

 4月22日、わかさスタジアム京都に於いて行われた関西六大学準硬式野球春季リーグ戦第5節1日目(対関大)。関学は、先発内垣(文4)の好投と打線の奮起で関大に6‐0で完封勝ち。今日の第2試合で首位の立命大が同大に敗れたため、関学は同大と並び再び首位に立った。明日、関学が勝ち同大が敗れると関学のリーグ優勝が決まる。
 
関学 001 000 032=6 H8 E0
関大 000 000 000=0 H6 E1
(関学) 内垣-石田
先制タイムリーを放った富田
 優勝へ向け、もう一戦も負けられない関学。先発のマウンドに上がった内垣は、初回から連続三振を奪うなど好投を見せる。すると3回、2死から1番原田大(商3)が四球を選び、捕手がはじいているのを見て見て一気に二塁へ進む。この場面で続く2番富田(文3)が、ファールで粘った末の10球目をセンターへはじき返し、貴重な先制点をたたきだした。しかし、その後は関大先発・佐々木のストレートとチェンジアップの前に打線が封じ込まれ追加点を奪えない。一方の内垣もランナーを出しながらも粘りの投球を披露し、1-0のまま試合は進む。そんな中迎えた6回裏、内垣がこの試合最大のピンチを招いた。連続ヒットと四球で1死満塁と一打逆転の場面。しかしここは「基本を思い出して、いつもどおりの投球を心掛けた」と後続を三振とショートゴロに打ち取り、関大に得点を許さない。内垣を楽にするためにも援護したい打線は8回表、6番原本(経3)にタイムリースリーベースが飛び出すなど、一挙3得点を奪い試合をほぼ決定付けた。終盤に大きな援護をもらった内垣は、最終回の関大の攻撃をあっさり三者
凡退に抑え、開幕戦以来の完封勝利を飾った。
好守を見せた原田大輔
 この勝利で再び首位に立った関学。同じく7勝2敗で首位に並ぶ同大が明日の第1試合で敗れ、関学が第2試合で関大に勝利した場合、関学の春季リーグ戦優勝が決まる。両チームが勝利した場合は優勝をかけたプレーオフが行われる。
現在の上位校順位表(第5節1日目終了時点)
1位 関西学院大学 7勝2敗
1位 同志社大学   7勝2敗
3位 立命館大学   6勝2敗1分
試合後のコメント
主将・廣橋(社4)「佐々木の調子が良くて、途中まできりきり舞いさせられた
。最後は相手のミスから流れをつかむことができた。8、9回の展開は明日につ
ながる。明日は勝つだけ。リーグ戦終盤になるにつれて、チームワークも良くな
ってきているので、このままの勢いで戦いたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です