【硬式野球部】 11季ぶりの快挙!近大戦、まずは一勝

 4月18日、スカイマークスタジアムに於いて行われた関西学生野球六大学春季リーグ対近大1回戦。関学は初回、先頭打者の檪浦大亮(経2)が左前安打で出塁し、続く2番・大西浩平(社3)が右前に安打を放ち、チャンスを迎える。その後3番、4番が倒れるも、この日公式戦デビュー戦の5番・萩原圭悟(商1)が右翼線に二塁適時打を放ち、先制に成功。投げては先発・宮崎啓佑(社4)が好投し、1点を守りきり、無死球10奪三振で完封。関学は近大戦を、春秋通じて11季振りに勝利で飾った。
               R H E
近大 000 000 000=0 6 0
関学 100 000 00×=1 3 0
近大)武内、中後―國本
関学)宮崎―米川
 同大戦の敗北から二週間。関学は新チーム発足時の雰囲気や志をもう一度思い出すべく、日々練習を重ねてきた。そして迎えた近大戦。関学はここ数年勝っておらず、近大戦には特別な思いがあった。この日関学の先発は、同大戦で好投を見せた左腕・宮崎啓佑(社4)。宮崎は初回、仲間の好守備もあり、打者を三人で仕留める良い立ち上がり。そして裏の攻撃では、先頭打者の櫟浦大亮(経2)が左前安打で出塁。続く2番・大西浩平(社3)が右前安打を放ち、櫟浦の好走塁もあって無死一、三塁といきなりの好機を迎える。その後3番、4番が倒れ2死一、三塁となるが、打者は昨夏の高校野球で甲子園を沸かせた強打者・萩原圭悟(商1)。この日が公式戦デビューの萩原。カウント1-1から打った球は右翼方向へ飛び、二塁適時打となった。観客の視線が集まる中で放たれた、貫禄の一打であった。こうして関学は幸先よく先制に成功する。
 打線が奮えば、宮崎もそれに応える。序盤からテンポの良い投球を見せ、4回まで被安打1とし、近大打線を封じる。しかし5回、宮崎にピンチが訪れた。先頭打者に左前安打で出塁を許すと、続く6番打者に打球を中前に運ばれ連打を浴びる。7番を三振とするも、8番打者にも安打を許し1死満塁、一打逆転のピンチを招く。だがここで宮崎は崩れることなく、落ち着いて打者を併殺に打ち取り、見事無失点に抑えた。
 その後も宮崎は、野手の固い守りを後押しに好投を続けた。そして関学は最後まで初回に挙げた1点を守りきり、試合終了。宮崎は自身初となるリーグ戦完封勝利を上げ、関学は実に11季ぶりとなる近大戦勝利を収めた。
試合後のコメント
清水監督「今日は宮崎が良く、無死球としたのが大きかった。明日は総力戦です」
主将・有木孝広(商4)「近大には特別な思いがあった。同大に負けてから(近大戦まで)二週間、もう一度初心に返ることができた。明日も頑張ります」
副将・宮崎「甘くならないように米川(捕手)を信じて投げた。このまま近大に勝ち、乗りにのっていけたらと思う」
萩原「(関学が)近大を意識していると聞いていた。良い場面で打てて、チームに貢献できて良かったです」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です