【軟式野球部】 リーグ優勝へ前進

 4月16日、わかさスタジアム京都に於いて行われた関西六大学準硬式野球春季リーグ戦第4節2日目(対同大)。 関学は2回、塩澤の犠牲フライで先制する。3回と5回にも犠牲フライで1点ずつを追加し、3対1で勝利した。

R
H
E
同大
関学 ×

(関学) 塩澤-石田

 昨日の試合で接戦ながら敗れた関学。士気を高め一丸となり、この試合に挑んでいった。
 先発マウンドには、塩澤(商4)が上がった。主将・廣橋(社4)が「彼のベストピッチング」と称賛するように、塩澤は初回から抜群の投球で同大打線を封じこむ。
 一方打線は2回、1死一塁からこの日7番の原田大輔(商3)がレフト前ヒットを打ちチャンスを広げる。続く8番・塩澤がライトに犠牲フライを放ち1点を先取した。3回にも1死三塁というチャンスを作った関学。この場面で頼れる4番・西尾(経4)が打席に立った。3球目、西尾は左中間に打球を放つ。レフトが追いつき捕球するものの、犠牲フライとなり1点を追加した。5回には、先頭打者の富田(文3)が鮮やかに一,二塁間を破り出塁する。バントとエラーで1死一、三塁とした。追加点のチャンスで回ってきたのは、前の打席でフェンス直撃のヒットを打った原本(経3)。原本の打球は、フライでライトへ運ばれた。犠牲フライとなり3点目が入る。犠牲フライ3連発で同大に3点以上に重みのあるダメージを与えた。だが6回、絶好調の塩澤が2死一塁で4番にツーベースヒットを浴び、1点を返される。それでも塩澤は、冷静に次の打者を空振り三振に抑え2点目を許さない。その後も塩澤は鋭い直球と得意の変化球を駆使し、同大打線を9回12奪三振と封じきった。打線は5安打と振るわなかったが、効率の良い攻撃を展開し3対1と勝利した。
 春リーグ戦も残すはあと2試合。現在6勝2敗と負けることの許されない状況が続く。それでも優勝への道が閉ざされない限り、関学ナインは最終節の関大戦に全身全霊を懸け挑んでいく。
試合後のコメント
主将・廣橋「みんなで絶対に勝つ気持ちで挑んだ。きれいな点の取り方ではないが、よかったと思う。次の関大戦は2勝するだけだ」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です