【軟式野球部】 あと1点に泣く

 4月15日、わかさスタジアム京都に於いて行われた平成21年度関西六大学準硬式野球春季リーグ戦第4節1日目(対同大)。関学は先取点を奪うも、8回に逆転を許してしまい1―2で惜敗した。
関学 000 010 000=1 H7 E2
同大 000 001 01×=2 H6 E1
(関学) 内垣-石田
 春季リーグ戦も、残すところあと4試合となった。優勝を目指す関学の今日の相手は、5勝1敗で同率首位に並ぶ同大。ライバルを倒し、優勝に前進したいところだ。
 関学の先発は内垣(文4)。先頭打者を三振にきってとると、テンポのいい投球で3回まで三人ずつで抑える上々の立ち上がりを見せる。一方の打線は、2回から4回まで毎回ランナーを出すものの、得点を奪うことはできずに0行進が続く。
 タイムリーを放ちガッツポーズを見せる石田
そして迎えた5回、関学はこの回先頭の7番原田将(経2)が三塁線を破るツーベースを放ち、チャンスメイク。続く内垣が送り、1死三塁と先制のチャンスを迎えた。この場面で打席に入ったのはキャッチャーとしてチームを引っ張る9番石田(社4)。ここ4試合ヒットのなかった彼だが、カウント1-2からの4球目をレフト前にはじき返し、欲しかった先制点をようやく奪った。女房役の援護射撃に奮起したい内垣だが、6回にタイムリーで同点とされると、8回にも2死からヒットと盗塁で得点圏にランナーを背負う。このピンチをしのぎたいところだったが、打ち取った当たりをショート・富田(文3)が一塁へまさかの悪送球。このリーグ戦、ここまで再三の攻守でチームを盛り立ててきた富田のまさかのエラーで、同大に勝ち越しを許してしまった。
 何とか逆転したい最終回。関学はまたしてもこの回先頭の原田将が今日2本目のヒットで出塁し、望みをつなぐ。しかし、続く内垣、石田が連続三振に倒れ、いよいよ追いつめられる。打順はトップに戻って1番の原田大(商3)。俊足好打のリードオフマンに大きな期待が集まるが、4球目を打ち上げショートフライ。首位決戦らしい互角の好勝負となった試合だったが、関学は悔しい黒星を喫した。明日敗れると、自力優勝がなくなる関学。左腕・塩澤(商4)を先発に立て、チーム全員で勝利をつかみにいく。
試合後のコメント
主将・廣橋輝之(社4)「今日の負けはしっかりと認め、また明日を見据えて勝つだけです!」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です