【軟式野球部】 4番が決めた!神大にサヨナラ勝ち

 4月10日、豊中ローズ球場に於いて行われた関西六大学準硬式野球春季リーグ戦第3節2日目(神大戦)。試合は両チーム一歩も譲らぬ展開となったが、関学が延長11回ウラに4番西尾(経4)のサヨナラタイムリーで2―1で勝利した。

10 11 R
H
E
神大
関学 1x

(延長11回)
(関学) 塩澤-石田
 昨日の第1戦でコールド勝ちを収めた勢いそのままに、連勝を飾りたい関学。先発のマウンドには、前節の立命大戦で悔しい黒星を喫した塩澤(商4)が上がった。その塩澤は、立ち上がりからテンポの良いピッチングで凡打の山を築く。4回には1死三塁のピンチを迎えるが、三振と内野ゴロで切り抜け先制点を与えない。早く塩澤を援護したい打線はその裏、先頭の3番田中啓(法4)がレフト前ヒットで出塁すると、続く4番西尾が送りバントを決め、得点圏に走者を進める。2死となった後、打席には6番の原田将(経2)。第1打席でもヒットを放っている彼は、この場面でも初球を思い切り振り抜き、レフトオーバーのタイムリーツーベース。チームに貴重な先制点をもたらした。しかし、6回にミスから神大に同点に追いつかれると、そこからは両チームともに決め手を欠き、スコアボードには0が並ぶ。9回に関学はサヨナラのランナーを出すが、けん制で刺され試合は延長戦に突入した。
 力投する塩澤
 9回を投げ終えた時点で球数が119球に達していた塩澤は、10回、11回とともにランナーを背負う。しかし、ここは貫禄のピッチングで神大打線を抑え、味方の勝利を信じる。すると11回裏、関学は相手ショートの連続エラーで1死一、三塁と絶好のサヨナラのチャンスをつかみ、4番西尾を迎える。「初球か
ら狙っていった」という西尾は、ワンボールからの2球目をはじき返し、打球は一、二塁間を破るライト前ヒット。なかなか得点が奪えず、苦しい展開となった試合を関学は4番のバットでものにした。
 これで関学は6試合を終え、5勝1敗の首位タイ。同大、関大と続く残り4戦にリーグ優勝そして秋、春連覇をかける。
試合後のコメント
主将・廣橋(社4)「初球の甘い球を積極的に狙っていこうと話していた。最後は、どこかで点はとれるという気持ちを捨てて、この回で決めようと思っていた。残りの試合は、相手を気にせず目の前の一戦一戦を戦っていく」
サヨナラタイムリーを放った西尾「打ったのはインコースのストレート。敬遠されると思ったけど、勝負だと分かって気持ちを切り替えた。4番を打たせてもらってるけど、つなぐ気持ちを大切にしている。優勝できるように、残りの試合はみんなで頑張っていきます」

サヨナラタイムリーを放つ西尾

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です