【ハンドボール部男子】 初戦白星スタート!

 4月11日、グリーンアリーナ神戸に於いて行われた平成21年度関西学生ハンドボール春季リーグ戦の第1試合。関学は初戦の相手・天理大を28-22で下し、関西制覇へ向けて好調な滑り出しを見せた。
試合後のコメント
主将・佐藤勇登(文4)「初戦に勝てたことは大きいが、課題はいっぱいある。インカレに出場するために、まずは春リーグを優勝することが目標。(次の桃学大戦では)自分たちのハンドボールをしたい」
都筑直人(経2)「この春は、体を大きくしようと取り組んできました。試合中は弱気にならないようメンタル面の強化を心がけています。(今日の試合について)50点。決められるとこで何回か決められなかった。関西制覇に向けて頑張ります」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です