【軟式野球部】 神大に圧勝

 4月9日、豊中ローズ球場に於いて行われた関西六大学準硬式野球春季リーグ戦第3節1日目(神大戦)。関学は2回、打線が繋がり4点を先制する。3回に3点を奪われるが、その後集中打で大量点を取り14対3でコールド勝ちを収めた。

R
H
E
関学 14 14
神大
11

(8回コールド)

(関学) 内垣-石田

 うららかな春の日差しの下、第3節が幕を開けた。今日のマウンドには内垣があがった。本調子ではないながらも、落ち着いて自分なりのピッチングで初回を三者凡退に打ち取る。ゲームが動いたのは2回表、フォアボールや相手のエラーが重なり4点を獲得。しかし3回裏、阪大の先頭打者にヒットを許すと、3連続タイムリーで1点差まで詰めよられる。だが攻撃の手を緩めない関学は、6回に2点、7回に3点、そして8回には一挙5点を得る。不運な判定にも屈せず、関学は7盗塁を決めるなど、走打を絡めた積極的な攻撃を見せ、コールド勝ちを収めた。
試合後のコメント
主将・廣橋輝之(社4)「判定に揺るがずに、落ち着いて安打を打っていけば勝てると思った。次こそ、いつも目標にしている『初回のチャンスをものにする』ことを達成したい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です