【硬式野球部】 無念の逆転負けを喫す

 4月5日、わかさスタジアム京都に於いて行われた、関西学生野球六大学春季リーグ対同大2回戦。関学は1回に4番・森田恭平(経3)の適時打で先制に成功。4回にも二塁打で出塁した5番・松浦大則(商2)が7番・百田諒(社3)のスクイズで生還し、2-0とする。投げては先発・宮崎啓佑が7回までを無失点と好投するも、8回に同大の打線が奮起。代わった樫岡徹(商3)も打たれて3失点。9回も追加点を奪えず、まさかの逆転負けを喫した。
試合後のコメント
清水監督「(宮崎)は普段通りだった。4回のスクイズは上手くいって良かった」
主将・有木孝広(商4)「自分の実力以上を求めてしまった。結果は仕方がない。もう一度、新チームの取り組みを思い出して(近大戦まで)あと2週間、気持ち切らさず頑張ります」

              R H  E
関学 100 100 000=2 5  0
同大 000 000 03×=3 11 1
関学)宮崎、樫岡―米川
同大)山添、松原靖、尾中、森澤、西村、平川―小林
 昨日の雨はすっかり止み、春の陽気の下で行なわれた対同大2回戦。関学は初回、1番・櫟浦大亮(経2)、2番・大西浩平(社3)が共に四球で出塁すると、4番・森田恭平(経3)が三遊間を抜ける適時打を打ち、まず1点を先制。守りでも先発・宮崎啓佑(社4)が初回を打者4人で打ち取るなど、幸先の良い立ち上がりを見せる。さらに関学は4回、先頭打者の5番・松浦大則(商2)が左翼手の頭を越える二塁打を放ち、続く6番・有木孝広(商4)が犠打、さらに7番・百田諒(社3)のスクイズで松浦が生還、1点を追加した。だがその後何度も得点のチャンスが到来したものの、なかなか追加点を奪えない展開が続いた。
 一方、守備では宮崎が7回までに被安打7としながらも無失点と好投。このまま完投し、完封勝利かとさえ思われた。だが8回、ついに同大が反撃を開始する。1死から打者が四球で出塁すると、4番、5番に次々と打球を右翼に運ばれ、1点を返されてしまう。これまで幾度とピンチをしのいだ宮崎だったが、初めて得点を許しここで降板。昨日に引き続き樫岡徹(商3)がマウンドに上がった。
迎える打者はこの日、打撃好調の6番・三谷。打ち取った当たりだったが、打球は樫岡の頭上を越え中前適時打となり、2-2の同点においつかれた。さらに1死一、三塁とピンチは続き、打者は7番・小林。左翼方向に大きく上がった打球は犠飛となり、関学はついに逆転を許す。これ以上点を与えられない関学は、2死一塁としながら次の打者にも中前安打を打たれるも、ここは中堅手・櫟浦の好守備により一塁走者を刺し攻守交替。2-3の1点差で最終回に望みをかけることとなった。
 9回の攻撃は先ほど好プレーを見せた1番・櫟浦から。フルカウントまで粘り、打った打球は右翼越えの二塁打。1年生次からリーグ戦に出場してきた櫟浦が、チャンスでの粘り強さをみせた。だがその後9回から登板した同大・平川に対し関学は安打を奪えず、そのまま試合終了。終盤までにいっきに流れをもっていけなかった関学は、あと一歩というところで勝利を逃した。
 こうして関学は春季リーグ開幕戦となった同大戦を2連敗とし、初戦を勝ち星で飾ることができなかった。
気持ちの入った投球をする宮崎
9回に二塁打を放つ櫟浦

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です