【庭球部】 今後に期待が高まる好発進

 3月7~14日、万博テニスガーデンに於いて、関西学生新進テニストーナメントが行われた。最終日である今日は決勝戦が行われた。同士討ち対決となった男子シングルスでは伊東勇登(商3)が優勝、沓脱恭兵(経3)が準優勝。女子シングルスでは菅村彩香(社3)が準優勝。また男子ダブルスでは伊東・沓脱組が一時危ない場面も見られたが、最終的にはに2―0で見事初優勝をつかみとっ
た。シングルス、ダブルスの二冠を制した伊東は「シングルスは優勝狙っいてた。2年連続で優勝出来て嬉しい。ダブルスは素直に嬉しい。自信になった」と満面の笑みを浮かべた。

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です