【ヨット部】 女子ジュニアワールド選手権日本の切符獲得!

 2月11~15日和歌山セーリングセンターに於いて行われた和歌山インターナショナルレガッタ。470級女子で松下・森本(文1)組が4位(Jr.1位)、スナイプ級では増川(経2)が2位となり、女子ジュニアワールド選手権日本代表の権利を手にした。
【470級男子】
市野(商3)・吉見組 9位
小栗(商2)・中野(社2)組 15位(Jr.4位)
笠井(商1)・西尾(理1)組 17位(Jr.5位)
植田(商1)・佐藤(社3)組 22位
【470級女子】
松下・森本組 4位(Jr.1位)
【スナイプ級】
増川(経2)・辻川(商1)組 2位
若林(社1)・鹿釜(文3)組 5位
若竹・溝上組 6位初田(経2)・上田(経2)組 11位
7月にギリシャで行われる女子ジュニアワールド選手権大会への出場を決めた松下・森本組。今回は森本起代さんにインタビューさせていただきました。
Q.今大会に出場するにあたってどんな気持ちでしたか?
―「大学からヨットを始めて経験が少ないので、緊張していましたが、出場するからには、頑張ろうと思っていました」
Q.松下さんとペアを組んだのはいつ頃ですか?
―「2月6~10日の和歌山遠征中にペアを組みました。一緒に練習したのは、2日間くらいです」
Q.最後に女子ジュニアワールド選手権大会への意気込みをお願いします。
―「松下は後輩だけど、経験者。私は、大学からヨット競技を始めたので知識や気持の面でリードしていきたい。妥協せずに頑張ります」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です