【バレーボール部】 子供達と交流 初等部でスポーツ教室

 2月14日に関西学院初等部で初等部3年生の児童を対象に現役選手によるスポーツ教室が行われた。この日の種目はバレーボール。選手たちが手とり足とりで子供たちにバレーボールを通じスポーツの楽しさを伝えていた。クラスで分かれてかけっこやトスを回して体を動かし、現役選手たちが披露したスパイクには「キャー」と驚きの声があがっていた。「スパイクを打ってみたいひといはいますかー」と訊かれるとほとんどの児童たちが「はーいっ」と元気な声で手を挙げてくれた。最後は大学生チームと大学生が混じった児童チームで試合が行われ、児童チームが見事1点を決めて大盛り上がり。閉会式の後は選手たちが子供たちを肩車したりして触れ合い、お別れのあいさつを交わしていた。「また来てね」と子供たちにも大盛況だった。このスポーツ教室はまた今月28日に企画されており、種目はサッカーを予定している。
選手と一緒にピース
子供達もスパイクにチャレンジした

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です