【ラグビー部】 国立への道断たれる/大学選手権

 12月28日、瑞穂ラグビー場に於いて行われた第45回全国大学ラグビーフットボール選手権大会2回戦(対法大)。関学は先制トライを決めるが、法大の圧倒的な力に押され次々とトライを取られる。それでもあきらめない関学フィフティーンは最後まで攻撃の姿勢を崩さなかった。だがその健闘もむなしく、12-44と関東勢の実力を見せつけられる結果となった。
『関学スポーツR.F.C』最終号。ご愛読ありがとうございました【主将・室屋 男泣き】
 同大撃破、関西制覇、そして選手権1回戦突破—。幾多の感動を呼び寄せてきた関学ラグビー部。常に「挑戦者」であり続けた彼らの挑戦がこの日、終わりを告げた。
 ノーサイドの笛を待つまでもなく、選手たちの目には涙が浮かんでいた。そして鳴り響く無情の音。それは関学ラグビー部の戦いの終焉を意味していた。
 そのなかに主将・室屋雅史(社4)の姿があった。泣き崩れる関学サイドの輪から外れ、報道陣に導かるままにプレスルームへ。その目に映る涙が全てを物語る。強豪・法大の圧倒的な力の前に屈した悔しさか、それともシーズンが終わったことへの哀愁か。「自分たちのラグビーはできた。すべての部分で相手が何枚も上だった」。そのどちらもが室屋の胸中で交錯する。
 この一年、主将としてプレーでそして闘志でチームを牽引してきた。代名詞である強烈タックルは試合でフィフティーンを鼓舞した。口を開けば出てくる「挑戦者の気持ち」は部員全員を奮え立たせてきた。〝理想の主将〟。そう呼ぶ声も少なくない。
 記者会見を終えて控え室に向かう室屋。消えたかに見えた涙も、再びあふれでた。選手一人ひとりに声をかけ抱き合う。後輩には次なるステージへの期待を、同級生には感謝の気持ちを述べた。「誰ひとりでも欠けていたら、ここまで来れなかった。感謝の一年です」。
 激動の一年間を超え、関学ラグビー部は新たな次元へ歩みを進もうとしている。「室屋雅史」という名の朱紺の闘将はその橋がけとなったに違いない。「最高のラグビー部。最高の4年間でした」。日も傾いた瑞穂ラグビー場。そのフィールドに2度頭を下げ、男は戦いの舞台から身を引き上げた。

SNSでフォローする
Comments (2)
  1. 感謝と労い より:

    本当にここ迄よく頑張りましたネ 部員はゆっくり休んで下さい 特に怪我人は治療もしっかりやって下さい
    前半終了時点で 今日もひょっとしたら と思ったけど 法政さんを誉めざるを得ない 来期は更なる進化を遂げて欲しい 試合で課題は沢山分かった筈です 又関西は勿論関東の学校からも注目される 来期は真価を問われます 今季の大躍進をフロックと言わせない為にも更なる努力を期待します
    今の3回生へ 室屋組に負けない代を作り上げてくれヨ
    牟田さん 室屋 そして全部員 本当に有難う そしてお疲れ様でした

  2. より:

    来年、代々木・国立で待つ(;`皿´)
    今年の関学すんごいカッコよかったぜぃ!!
    おっちゃんも仕事頑張るW

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です