【スケート部】 総合 北原12位、石田14位/全日本選手権

 12月21日、なみはやドームに於いて第1回全日本ノービスショートトラックスピードスケート選手権大会が行われた。関学からは、昨日と同様、北原(商2)、石田(法1)の2名が出場した。1000mでも活躍が期待された両選手。昨日に引き続き、白熱した戦いを繰り広げたが一歩及ばず、予選敗退で悔しさが残るレースとなった。しかし、2選手とも17位という結果を残し、総合順位では北原が12位、石田が14位と大健闘した。
 大会2日間、万全の態勢で挑めたわけではなかったが、次へつながる結果を収めた選手たち。来年には、さらなる進化を遂げた彼らの姿がリンクの上にあるだろう。

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です