【ラグビー部】 初戦の相手は日体大。

 12月8日に東京・丸の内で行われた「第45回全国大学ラグビーフットボール選手権大会」組み合わせ抽選会。関西リーグ王者として、第1グループ③が確定していた関学の初戦の相手は、関東対抗戦3位の日体大に決まった。試合は12月20日に花園ラグビー場第1で行われる。
 初戦の相手が決まった。だが主将・室屋雅史(社4)の口からは、かねてより言い続けてきた台詞が出た。「チャレンジャーとして自分たちのラグビーをするだけです」。相手は関係ない。重要なのは、挑戦者の心持ちと自分たちのラグビーを貫くこと。それが関西制覇の要因であったのは言うまでもない。「しっかりディフェンスをして、一戦一戦臨みたいと思います」。関学ラグビー部が臨む、全国という次なるステージでの「朱紺闘球」がいよいよ始まる。

インタビューに応える室屋 あいまみえる対戦校同士の握手

※写真提供:スポーツ法政

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です