【サッカー部】 優秀選手2名選出など、関学から表彰者続出!

 11月30日に第86回関西学生サッカーリーグ閉会式ならびに表彰式が行われた。1部リーグ4位で1年を終えた関学からは、5人の選手が栄誉ある賞に選ばれた。
関学を支えたルーキートリオ。(左から)津田、阿部、梶川以下は受賞者一覧
◆大会優秀選手
桑原透記(社4)
阿部浩之(文1)
◆4年間最多リーグ出場賞
原田和明(商4)
◆新人賞
梶川諒太(社1)
阿部浩之
津田真吾(商1)
受賞者コメント
桑原透「まさか選ばれるとは思ってなかったのでうれしい。今年は僕が前を引っ張らないといけなかったが、プレー面では後輩たちのほうが上なので、戦う姿勢を見せようといつも思っていた。本当にあっという間の4年間だった。僕はBチームも経験したし、与えられたチャンスを生かすことを心がけていた。それがこういう結果につながってよかった」
阿部「チームの勝利を考えてやってきた。その中で評価してもらってうれしい。来年はチームでインカレに行って、全国に出てプレーしたい。タイトルも狙っていきたい」
津田「うれしいの一言。本当にびっくりです。1年生から出させてもらっているのに情けないプレーばかりで…。周りのみんなに支えられて感謝の気持ちでいっぱいです。来年はインカレ出場を目標に、一つになって頑張ります」
梶川「(新人賞を受賞できて)素直にうれしいです。チームのためになれたらと思って走ってただけだったので予想外でした。チームにどこまで貢献できたのかは分からなかったけど、先輩も優しくて周りに支えられてプレーでき、いい経験になりました」
原田和「たぶん4年間で2試合を除いた残りすべての試合に出場できた。出れたことも、いい環境があったおかげです。スタッフの方々には感謝しています」

表彰を受けた選手たち。(左から)梶川、阿部、桑原透、原田和、津田 大会優秀選手に選ばれた桑原透(左)と阿部
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です