【アイスホッケー部】 立命大とドロー、優勝の望み消える

 11月19日に行われた関西学生アイスホッケーリーグプレーオフ第2戦(於・関大アイスアリーナ)。試合は両者譲らぬ大接戦だった。結果は2-2で引き分け。勝てば関西制覇の可能性はまだあったが、今回で優勝は無くなってしまった。
攻めきれず苦い顔の♯8藤井(右)と♯13高橋 試合は開始から関学の攻勢一方で進んでいった。立命ゴール前にパックを集め、シュートラッシュを緩めなかった。だが得点には至らない。FWとGKの1対1の場面も多く見られたが押し切れず、チャンスをゴールに変えられなかった。
 第2P(ピリオド)に突入し、今度は立命大がペースをつかんだ。反撃だといわんばかりにシュートの応酬を関学に浴びせる。関学はGK清水雄太(文2)の体を張ったセーブでこれを乗り切り、カウンターを狙う。ここで試合が動いた。前に上がったDF近田育也(商3)がDF早田隆成(文1)からのパスを立命ゴールにたたき込み1−0とリードした。
 むかえた第3P。2分30秒に致命的なパスミスをしてしまう。これを見逃さなかった相手FWにゴールを許してしまった。その後、今季リーグ好調のFW宮原章信(総4)が1点を奪い、流れを取り戻した関学だったが、11分に猛攻を受け、2−2の同点に。ペースは完全に関学だったが、チャンスをものにできないまま終了のホイッスルが鳴る。結果は痛恨のドロー。勝てる試合を逃してしまった。前戦で関大に敗北を許し、この時点で戦績は1敗1分け。関西制覇の望みはなくなってしまった。
試合後のコメント
主将・藤井愛一郎(社4)「優勝の可能性がなくなってしまいました。無念です。プレイオフ最終戦も含め、できる限りいい成績を残したいと思います。インカレも控えているのでこれから頑張っていきたいです」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です