【アメリカンフットボール部】 関大に辛勝!

 11月15日、神戸ユニバー記念競技場に於いて行われた関西学生アメリカンフットボール秋季リーグDiv.1第6節関大戦。試合開始早々、関大にタッチダウンを奪われる。リードを許したまま14—19で前半終了。しかし、その後関学が反撃し、32—19と逃げ切り勝利を収めた。

第6節
於・神戸ユニバー記念競技場
関 学
32



10
【1Q】
【2Q】
【3Q】
【4Q】
13


19
関 大

走り抜ける稲毛 これまで関学は失点を、甲南大のFG1回、神大のTD1回と、いまだ10点に抑えている。関学DFE陣の誇る堅い壁に今までの対戦相手は苦戦してきたのだ。
 関学のキックオフで始まった6戦目。開始早々、関大リターナーの俊足に関学の厚き壁は瞬く間に抜かれてしまい、そのままTD。96ヤードTDで、得点は0-6。関学スタンドがいつもと違うざわめきで溢れかえった。動揺を隠せない選手たちに、またしても悲劇が訪れる、自陣35ヤードでのファンブル。ボールを関大に奪われ、攻撃権が移る。勢いづいた関大の攻撃を食い止めることができず、5プレーでそのままTDを決められてしまう。試合開始3分で関大に13点を奪われてしまったのだ。しかしこのまま負けてはいられない関学は、次の攻撃でQB加納(商4)を筆頭にランとパスプレーでファーストダウンを更新していく。敵陣3ヤード付近でRB河原(経3)がランからのTD。FGも決まり7-13で第1Qを終えた。第2Q、反則から関大に前進のチャンスを与えてしまい、そのままFGを決められてしまう。点差を縮めることができない関学。そんな中、2回目の攻撃で、QB加納が投げたボールをWR金村(文4)がエンドライン寸前で見事にキャッチし、35ヤードTDを決めた。自身初となるTDは、長身を生かしたパスキャッチでスタンドを沸かせた。このTDで勢いづいたように見えたが、またもや関大にFGを許してしまい、前半を14-19で終えた。加納
 逆転に燃える関学の後半戦は、QB加藤のパスプレーで始まった。8分間を費やし、短いパスプレーでエンドゾーンまで迫っていく。残り1ヤードでRB多田羅(社4)が突撃し逆転TD。TFPは加納のランで2点追加。次の関学の攻撃でもテンポ良く攻め立てる。そして、最後にQB加納が自らダイブしてTD。果敢に攻めてくる関大だが、調子を取り戻した関学DFE陣の強いタックルで前には進ませない。関大はギャンブルを選択するが、もう点を与えることはない。試合時間は残り6分、関学の攻撃。RB久司(商2)のロングランで一気に敵陣に。3回目の攻撃で3ヤードまで迫り、後はK大西(商1)に託す。K大西はしっかりFGを決め、32-19で試合は終了した。前半は苦戦したが、後半は建て直し、学生王者の意地を見せつけた試合となった。次は秋リーグ最終戦、切望の立命大との戦いが待っている。

試合後のコメント
主将・DL早川「関大に負けたことはなかったが、自分たちが弱いことは分かっていた。だが、途中から冷静になって役割をきっちりこなしていった。立命大戦には目の色変えて挑んでいく」
鳥内監督 「立命大戦前に今日みたいなゲームができてよかった。我々にとっていい経験になった。今年最高のコンディションで立命大に臨む」

SNSでフォローする
Comment (1)
  1. 天羽 剛 より:

    勝つには勝ったが…という内容だった。
    立命館への準備にウエイトが置かれていたのかも?。
    1つ最近感じていたことを書かせていただきます。
    いつからFightersが大切にしてきたであろう「Fight On」が応援マーチの様に1試合に何度もスタンドで歌われる様になったのでしょうか?
    Fightersの関係者が了解しているならば部外者の私がとやかく言うことでは無いのですが
    ここぞ!という試合前に選手が歌うものだったのでは無いのでしょうか?
    例外としては1984年だったと思いますが近大とのプレーオフで延長になる時にOBの方々がスタンドで立ち上がり歌われたのは素敵でした。
    古き伝統や「聖域」的な存在も必要なのでは?と叔父さんは思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です