【馬術部】 障害競技、団体7位に終わる/全日学

 11月1~2日に馬事公苑に於いて行われた第58回全日本学生賞典障害飛越競技大会。2日目の今日は、第二走行が行われた。関学は、三木が減点0で素晴らしい走行を見せるも、団体7位に終わった。
試合後のコメント
主将・辻本康平(経4)「昨年は6位だっただけに、もっと上を目指せたのではないかと非常に悔しい気持ちです。明日は馬場だが、10位以内に入って、決勝に進んでもらいたいと思う」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です