【ラグビー部】 あと1点に泣く。立命大に敗北で連勝3でストップ。

 11月2日に宝ヶ池球技場に於いて行われた関西大学Aリーグ。関学は描いた通りの試合展開に持っていくことができず、立命大に21—22で敗北を喫する。開幕から続いていた連勝も3で止まった。
「関学スポーツR.F.C」第4戦号 ここまで関西3強をことごとく打ち破り、開幕3連勝と波に乗る関学。今日の相手は昨リーグで逆転負けを喫した立命大だ。寒風ふきすさぶ曇天の中、朱紺の闘士たちはリベンジに燃えていた。
 試合開始早々、相手に先制点を許してしまう。今季初めて敵に先制された関学だったが、彼らに動揺は見られない。その3分後、関学はパスをつなぎ最終的に小樋山がトライを決め、ゲームをあっさりと振り出しに戻した。だが、19分と34分に相次いで得点され、2トライ差に離される。「3本目のトライで差が開いて焦りが生まれた」と主将・室屋は振り返る。相手にリードを許したまま、試合は後半を迎えた。
 後半開始から関学は敵陣まで激しく攻め込むが、あと一歩のところで得点につながらない。しかし21分、芦田が敵の追走を振り切り独走トライを決め、「後半20分から強い関学」を見せつけ始める。ようやく反撃ののろしをあげたかに思われた関学だったが、すぐさま立命大にドロップゴールを許してしまう。再び差を開けられてしまった。関学は果敢に攻めるものの、焦りからか、プレーに精細を欠き、ところどころでミスを見せる。こうして8点差のままロスタイムに突入。43分、関学は執念でトライを決め1点差にまで迫るが、時すでに遅し。無情にもノーサイドの笛が競技場にこだました。
 21—22。「大きな1点。でも届かないとは思わない」と室屋。彼らの強さはすでに証明済み。だからこそ焦りは禁物だった。残り3戦、まだまだ油断の許されない戦いが続く。

SNSでフォローする
Comments (2)
  1. より:

    ガンバレ!!!摂南天理玉砕(;`皿´)

  2. 卒業生 2回目 より:

    今日の負けは本当に悔しいけど 済んだ事を悔やんでも仕方無いゾ
    反省する点はしっかり練習で確認しよう!
    残り3試合 どの試合も楽な相手じゃ無いけど A LEAGUE 復帰以来の 一戦必勝の精神でガンバ!
    関西制覇 諦めるナ! 応援してます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です