【軟式野球部】 惜しくも1回戦敗退

 11月1日、舞洲ベースボールスタジアムに於いて行われた秋季関西地区大学準硬式野球選手権大会(対龍大)。先制された関学は4回に同点に追い付くが、直後に追加点を許してしまい3-4で惜敗した。

R
H
E
龍大
関学

(関学)塩澤-石田

 先発の塩澤(商3)は、初回を三者連続三振で抑え、最高の立ち上がりを見せる。だが2回、2死二、三塁のピンチを招くと、ワイルドピッチとタイムリーヒットで2点を先制される。追う立場となった関学はその裏、2死一、二塁のチャンスを作ると、バッターは、この日8番に座った石田(社3)。石田は期待に応え、センター前に痛烈なヒットを放った。センターからは好返球が返ってきたが、二塁ランナー市川(法3)が巧みな走塁でタッチをかわし、1点を返した。4回にも、2死ながら満塁のチャンスを作ると、塩澤がレフト前にタイムリーヒットを放ち、同点に追いつく。しかし直後の5回、エラーが重なり、得点を許す。6回にも1点を取られ、2点差とリードを広げられた。追いつきたい関学だが5回以降、打線が奮わずチャンスが作れない。そして迎えた最終回。無死からデッドボールとヒットでチャンスを作ると、石田がスリーバントを決め、1死二、三塁とする。一打同点の場面で関学は、塩澤の打順で代打柴尾(社3)を投入する。柴尾はセンターに大きな飛球を放ち、タッチアップで三塁ランナーが生還。1点差としたものの、後続が打ち取られゲームセット。あと一歩及ばず1回戦で敗退し、悔しい結果となった。

試合後のコメント

主将・廣橋(社3)「リーグ戦であまりなかったバッテリーミスやエラーがでてしまった。トーナメントは、ミスをした方が負ける。やるべきことができなかった。このチームは、打てないチーム。3年生にとって最後の春リーグに向けて、守備力はもちろん、打撃力をしっかりつけていきたい。全員が意識を高く持ってレベルアップしていきたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です