【陸上ホッケー部】 強豪相手に戦い続けた引退試合・・・悔しくも完封に終わる

 10月31日に行われた、第57回男子全日本学生ホッケー選手権大会(於・駿河台大学ホッケー場)。トーナメント制で争われる今大会。1回戦は同大に3—2で勝ち進んだ関学。2回戦は全日本学生王者の天理大と対決することになった。秋リーグに0—11で大敗した相手だ。前半は硬い守りの姿勢で挑んだものの天理大に4点を入れられてしまう。後半戦も、天理大の強さに圧倒させられるが、最後まであきらめずに攻め続けた選手たち。だか点には及ばず0—7で終わってしまった。結果として負けてしまったが、以前より成長した戦いを見せることができた。試合後、主将・中村絋也(経4)は「大きく点差を縮められなかったのは悔しが、強豪相手にしっかり戦えた試合だった。今年はこの結果で終わったが、来年は強豪相手でも、もっといい試合のできるチームになるだろう」と語ってくれた。4年生にとっては最後の試合、マネージャー、後輩から暖かい拍手か贈られた。

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です