【硬式野球部】 最終戦を勝利で飾る

 10月19日、皇子山球場に於いて行われた関西学生野球六大学秋季リーグ対京大2回戦。昨日に引き続き打線のつながりが良く、10-1と大差で京大を下した。
適時打を放つ有木

R
H
E
京大
関学 ×
10
10

京大:水木、安土、山下、綛谷、長原-表、森
関学:小坂、飛嶋、岸、坂戸-米川、飯田
 初回は順調な立ち上がりを見せた今試合が初先発の小坂龍徳(商2)。だが、2回、先頭打者に中前安打を放たれ、続く打者には四球を与えてピンチを迎えてしまう。犠打も決められ1死二、三塁と緊迫した場面。相手打者の遊撃手へのゴロで走者は本塁を狙うも米川千貴(商3)がしっかりとランナーにタッチしアウトを取った。しかし、次の打者では、隙を突かれてしまい重盗を決められ1点を許してしまう形となる。その後は京大打線を順調に抑え0-1のまま勝負は中盤へと持ち込まれた。
 そして迎えた5回、関学打線が爆発した。途中出場の飯田高大(社3)が失策で出塁し、代打の南村圭哉(商4)が犠打できっちり送る。そして越智英貴(社1)が左前安打で反撃の足がかりを作り有木孝広(商3)が中前適時打を叩き出した。その後も安打を量産し、この回一挙に6得点を挙げた。
 さらに、6回に宮崎翔(社4)が右前安打を放ち追加点の好機を作る。そして有木の右翼線適時二塁打で2点追加した。さらに、四球や失策が重なり尚も好機が続く場面。飛嶋真成(法1)がだめ押しの右前適時打を放ち2点を奪った。
 8回からは岸敬祐(商4)、9回からは坂戸圭介(社4)と4年生の2人がしっかりと0点に抑え、10-1で京大に圧勝し白星で秋季リーグ戦を終えることができた。
試合後のコメント
主将・宮崎翔(社4)「最後の試合だということを考えず、普段通りの力を出してやっていこうと思っていた。ベンチも一体となって試合が出来て良かった」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です