【硬式野球部】 接戦制せず敗北

 10月12日、南港中央球場に於いて行われた関西学生野球六大学秋季リーグ対同大2回戦。激しい攻防を繰り広げたものの、6-7で敗北を喫した。

R
H
E
関学
同大 ×
11

関学:飛嶋、宮崎啓、岸、山下-米川、久恵
同大:藤井、尾中、佐々木、高尾、宝田-磯部
 1、2回と同大の先発・藤井に抑えこまれていた関学であったが、3回に好機が訪れる。2死から寺尾佑介(法3)が左翼越えの二塁打を放ち、続く中村浩樹(経2)は四球を選び出塁。そして、2死一、二塁の場面で宮崎翔(社4)が左前安打を叩き出し、先制点を奪った。その後、さらに相手の失策などから2点を追加し、この回は合計3得点を挙げた。
 完全に関学ペースかと思われた試合であったが4回に同大が反撃を見せる。飛嶋真成(法1)は安打と失策で1死満塁とされると、続く打者にまさかの四球。押し出しで1点を与えてしまった。さらに連打を浴び、この回は一挙に5点の大量失点となってしまう。しかし、5回に関学は粘りを見せる。1死二塁の場面で宮崎翔が左前安打で反撃への足がかりを作る。そして、続く檪浦大亮(経1)が左中間を破る二塁打で2点を返し同点とする。さらに4番・有木孝広(商3)の内野安打で1点追加。
 6-5と逆転に成功し、このまま守り抜きたい関学であったがその裏、飛嶋に代わりマウンドを任された宮崎啓佑(社3)が安打と暴投で1失点。さらに6回にも岸敬祐(商4)が点を奪われ、同大に再度逆転を許した。6-7となり、まずどうしても1点が欲しい関学。しかし、関学打線は、6回途中から登板した宝田からなかなか安打を奪えない。7,8回と三者凡退に倒れ、迎えた9回。2死から檪浦が放ったボールは右翼前へ。2死一塁とし、関学に好機が訪れたと思われた。だがその次の瞬間、檪浦が惜しくもけん制アウトとなりゲームセット。逆転を繰り返す激戦となったが関学は6-7で敗北を喫した。
試合後コメント
清水監督「飛嶋にもう少し頑張ってほしかったが、失策が痛かった」
主将・宮崎翔(社4)「ミスで相手に流れを与えてしまったのが敗因。(京大戦は)しっかり勝ち、1年間やってきたことを出し切れるように頑張ります」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です