【バレーボール部】 勝負強さ見せる

 10月12日、大阪産業大学に於いて行われた関西大学バレーボール連盟秋季リーグ戦。関学は近大相手にセットカウント3-2で勝利した。順位決定戦を直前に控えた負けられない試合。関学は1、2セットを連取し試合を決定づけるかと思われた。しかし近大の反撃にあい2-2に追いつかれてしまう。そして最終セット、両者一歩も譲らずデュースまでもつれ込む展開となったが、関学は勝負強さを見せ勝利を決めた。
試合後のコメント
主将・穂森荘一郎(商4)「上位が決定して優勝の可能性もでてきた。プレッシャーに負けずに次の試合も頑張りたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です