【硬式野球部】 先制するも、リード守れず敗北

 10月11日、南港中央球場に於いて行われた関西学生野球六大学秋季リーグ対同大1回戦。8回までリードしていた関学であったが、9回に3点本塁打を浴びてしまい3-5で敗北した。

R
H
E
同大
関学
10

同大:佐々木、宝田、尾中、佐川-磯部、小林
関学:坂戸-米川
 対同大1回戦、今日も先発を任されたのはエース・坂戸圭介(社4)であった。
 関大戦を勝利でおさめたことがエースを後押ししたのか、坂戸は初回を打者4人で抑えると、それ以降も5回までを無四球、三者凡退に仕留めるほぼ完璧な立ち上がり。坂戸が守りのリズムをつくると、打線もそれに応えた。1回裏に先頭打者の中村浩樹(経2)が四球で出塁すると、2番・宮崎翔(社4)が犠打で相手投手のミスを誘い、悪送球で自らも出塁、さらにチャンスを広げる。そして3番・檪浦大亮(経1)の内野安打で無死満塁となり、5番・有木孝広(商3)の一ゴロの間に中村が生還、1点を先制することに成功した。
 4回にも7番・大西浩平(社2)が左中間を裂く三塁打を放つと、続く8番・米川千貴(商3)が右前適時打でかえし、1点を追加。2-0とし、このまま流れはいっきに関学かと思われた。
 ところが6回表、坂戸は2死から1番・辻に初球を左中間に運ばれ、打者は三塁へ。これまで順調な投球を見せていた坂戸が、ここでとらえられた。後続は断ったが、6回裏の攻撃では併殺を食らい、追加点のチャンスを逃してしまう。一度つかんだ流れを相手に渡したくはない関学であったが、7回表、先頭打者にこの試合初めての四球を与えると、途中出場の7番・稲森、9番・村山充にそれぞれ左前適時打を浴び、2失点。2-2の同点とされてしまう。しかしその裏、この日打撃好調の檪浦が左前安打を放ち、さらに相手左翼手が処理にもたつく間に二塁へ。続く4番・江崎亮(文3)の中前安打で檪浦はいっきに本塁へと生還。再び3-2と関学がリードした。
 そして、1点のリードのまま迎えた9回。坂戸は先頭打者に右前安打、続く打者に四球を許し、いきなり無死一、二塁のピンチを迎える。しかし、ここまでピンチを招きながらも、決して逆転は許さなかった坂戸はそこから1死、2死と次々にアウトを奪い2死一、二塁とする。迎えた打者は先ほどの6回に長打を打たれた辻。この打者を打ちとることができれば、試合終了。しかし、すでに球数は120球を超えており、坂戸の体力も限界に近づいていた。そんな中気迫で投球した第2球。無情にも打球は右中間を越えていった。走者一掃の三塁打かと思われる打球であったが、落ちた場所や好走塁もあり、打者はそのまま本塁へと生還。3点本塁打となった。3-5と逆転を許した関学は9回裏に宮崎が中前安打で出塁するも、チャンスを生かすことができず、そのままゲームセット。一度はつかみかけた勝利であったが、明暗は終盤で劇的に分かれた。まさに、一球に泣いた一戦となった。
試合後コメント
清水監督「今日は4番が良くなかった。(明日は)しっかり守って戦います」
主将・宮崎翔(社4)「勝てるゲームだった。しかし前半は自分たちの戦い方ができたので、それを明日につなげたい。(明日は)チャンスで1点を取り、しっかり粘り強く戦いたいです」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です