【硬式野球部】 関大戦を勝ち越す

 10月3日に行われた関西学生野球六大学秋季リーグ対関大3回戦(於・南港中央球場)。1点を先制された関学だったが、その後は逆転に成功。終盤には関大に追い上げられたが、投げては坂戸圭介(社4)が9回を完投し、4-3で勝利した。

R
H
E
関学
関大

関学:坂戸-米川
関大:秋本、伊勢、廣谷、魚谷-田辺
 1勝1敗で迎えた3回戦。関学はエース・坂戸圭介(社4)が先発した。しかし初回、四球と内野安打で1死一、二塁とされると、さらに自らの暴投で二、三塁のピンチに。そして関大・山地の中犠飛で先制点を許す。なおも走者は二塁の残るが、続く田辺はきっちりと空振三振にきってとった。さらに2回裏、四球と右前打で無死1、3塁とまたもピンチを迎える。しかし、その後を見逃し三振に抑えた。さらに続く打者にはスクイズを仕掛けられるが、ここは坂戸自らが落ち着いて捕手に送球、本塁は踏ませなかった。
 1点を追う関学は4回表。この回、先頭打者の檪浦大亮(経1)が右翼線へ二塁打を放つ。さらに5番の有木孝広(商3)は遊撃手への内野安打で1死一、二塁と好機を広げる。この後2死となった関学だが、ここで決めたのは大西浩平(社2)だった。秋本の5球目を捉えた打球は右中間へ。これが2点適時三塁打となり、2-1と逆転に成功した。今度は5回表。1死から1番・中村浩樹(経2)が粘って四球で出塁、中村はさらに盗塁も決める。檪浦、江崎亮(文3)は四球を選び、2死満塁のチャンスとなった。ここで関大の投手は秋本から伊勢へ。そして関学は前の打席で安打を放っている有木。しかし、有木は右翼手への飛球となり、惜しくも追加点とはならない。
 2-1のまま試合は終盤の8回表。関学は、寺尾佑介(法3)が中前打で出塁。さらに続く大西の打球はゴロとなったが相手三塁手の悪送球で、1死一、二塁となった。この後走者を進めた関学。そして打順はここまで好投している坂戸にまわる。その坂戸が中越えの2点適時三塁打を放ち、大きな追加点を挙げた。
 4-1とした関学だったが8回裏に1点を失い、リードは2点となり9回裏へ。疲れの見え始めた坂戸は先頭打者に四球を与えてしまう。その走者を犠打で送られると、さらに2者連続で安打を浴び、ついに1点差に詰め寄られた。なおも1死一、三塁のピンチで打者は田辺。しかしここはエース・坂戸の気迫のこもった投球で三振に抑える。そして最後の打者も右翼手への飛球に打ち取り、関大との熱闘を制した。
清水監督「(投手について)同点までは坂戸に任せようと思っていた。最後のシーズンだし、完投させてあげたいというのもあった。今日はよくピンチをしのいだ。(チームとして)我々としては練習はやってきているので、なんとか結果をという気持ちがあった」
主将・宮崎翔(社4)「スタンドもベンチも全員で戦えたので、いい戦い方ができた。1点勝負になると思っていたが、チャンスで打ってくれて勢いにのっていけた。終盤にもあそこで追加点を取れたのはよかった。最後は坂戸が抑えるという感じはあった。次も今日みたいに全員でやれば、いい試合ができると思う」
完投勝利した坂戸「今まで応援してくれた人の期待に応えないといけないという思いがあった。チアの方やトレーナー、マネージャーのために勝ちたかった。今まで勝てなかったのでほっとしている。今日はピンチでも気持ちが前向きでいけた。(適時三塁打の場面では)すごいうれしかった。内よりの球だった。ベースを回りながら3塁側の歓声でわかった」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です