【軟式野球部】 優勝にマジック1

 10月1日、西京極総合運動公園野球場に於いて行われた関西六大学準硬式野球秋季リーグ戦第5節1日目(対関大)。関学は、7回に集中打で一挙3得点を挙げ、4-1で関大に勝利した。

R
H
E
関学 14
関大

(関学) 塩澤-石田
 ここ数日降り続けていた雨も上がり、久しぶりの青空の下で行われたリーグ最終節。関学は、今日勝てば優勝に大きく近づくこととなる。まず、序盤の2回に6番原本(経2)が左中間へのツーベースで出塁すると、2死一、三塁で1番原田大(商2)がレフト前にタイムリーヒットを放ち先制点を得る。その後も幾度となくチャンスを作るも、あと1本が出ず試合は1-0のまま進んだ。そして7回、関学は1死満塁のチャンスを迎える。7番田中(法3)の犠牲フライ、8番塩澤(商3)のピッチャー強襲の内野安打、9番石田(社3)のライト前タイムリーと、下位打線の活躍で関大から一挙に3点をもぎ取った。また、先発の塩澤は、8回に1点を失うも安定したピッチングを続け、試合のリズムを作った。結果、4-1で関大との1戦目を白星で飾った。
試合後のコメント
主将・廣橋(社3)「守備妨害を取られるなどアクシデントもあったが、チーム全体は落ち着いてピッチャーを援護しようと心がけた。明日勝てば優勝が決まるので、全員で戦って勝ちたいです」

落ち着いた投球をみせる塩澤 タイムリーを放ち、ベンチからの声援に応える原田
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です