【硬式野球部】 チャンス生かせず敗北

 9月28日、スカイマークスタジアムに於いて行われた関西学生野球六大学秋季リーグ対立命大2回戦。序盤に先制され、1点を返したもののそれから追加点を奪えず1-4で敗北した。

R
H
E
関学
立命大 ×

関学:飛嶋、坂戸、宮崎啓、岸-米川、久恵
立命大:田中、澁谷、徳山-乗替
 先発・飛嶋真成(法1)は立ち上がりが不調で2回に二塁打を浴びる。その後も安打を許し、さらには味方の失策が重なったこともありこの回2失点してしまう。そして、序盤はなかなか相手投手から安打を放つことができず無得点の回が続く関学。さらに5回には、またも失策がきっかけとなり追加点を許してしまう。
 しかし、6回に関学は意地を見せた。宮崎翔(社4)が四球で出塁し、四番・江崎亮(文3)が左前に安打を放ち得点圏に走者を進める。そして有木孝広(商3)の右前安打で1点を返した。尚も好機が続いたもののこの回は1点で終わった。このまま良い流れで追加点を奪いたい関学であったが、その後は打線がうまくつながらず得点することができなかった。そして8回裏には、宮崎啓佑(社3)が立命大の柳田に左越本塁打を浴びてしまいさらに1点追加され、関学は1-4で敗北した。
試合後コメント
主将・宮崎翔(社4)「追加点を取れなかったのが悪かった。(これから)練習でやってきたことを生かすために前を向いてやるだけ」

SNSでフォローする
Comment (1)
  1. kg より:

    ぜひ関学野球部の特集を作ってほしいです!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です