【バレーボール部】 立命大に競り勝つ

 9月28日、近畿大学に於いて行われた関西大学バレーボール連盟秋季リーグ戦(対立命大)。関学は第1、2セットと連取するも、その後追いつかれ2-2に。しかし最終セットを15-12で奪い、セットカウント3-2で勝利した。
試合後のコメント
主将・穂森荘一郎(商4)「(立命大には)西日本大会、近畿総合で連勝していたが、リーグ戦で勝ちたいと思っていた。チームとしてのまとまりを感じるし、勝ちたい気持ちも強くなっている。今日は大きな1勝だった」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です