【硬式野球部】 悔しさ残る1敗

 9月27日、スカイマークスタジアムに於いて行われた関西学生野球六大学秋季リーグ対立命大1回戦。先制点を奪った関学であったが、立命大に逆転を許してしまい3-6で敗北した。
立命大 000 000 240=6 H11 E0
関 学 000 002 001=3 H 8 E2
立命大:藤原正、渋谷、森、徳山―乗替
関 学:坂戸、山下、岸、宮崎啓―米川
 この日の先発はエース・坂戸圭介(社4)。その坂戸は初回から2者連続で三振を奪い、最高の立ち上がりをみせる。2回表には安打と四球で得点圏に走者を進められるが、その後をきっちりと抑えた。
 関学はその裏、1死から松浦大則(商1)が左中間を破る二塁打を放ち、先制点の好機をつくる。しかし後続が断たれ、得点とはならない。今度は4回裏。4番・江崎亮(文3)が二塁打を放ち、またも先制のチャンスを得る。だがここでも後続が続かず、無得点に終わる。
 試合が動いたのは6回裏だった。この回先頭打者の宮崎翔(社4)が四球で出塁すると、続く越智英貴(社1)がきっちりと犠打を決め、走者を進める。その後2死とされた関学だったが、5番・有木孝広(商3)が右中間への適時二塁打を放ち、ついに先制点を挙げた。さらに続く松浦がこの日2本目となる二塁打でさらに1点を追加し、2-0とする。
 2点を先制した関学だったが、坂戸が7回表に大きなピンチを迎えた。左前打と内野安打で無死1、2塁とされる。続く打者を三振に抑えるが、自らの牽制悪送球で1死2、3塁に。2死とした坂戸だったが、立命大の藤原大に2点適時二塁打を浴び、同点とされてしまう。さらにその後も満塁のピンチを背負うが、これ以上の得点は許さない。
 8回表、この回から登板の山下光(経2)だったが2本の適時打を浴び、立命大に勝ち越しを許した。
何とか追いつきたい関学は最終回、1死から中村浩樹(経2)が四球で出塁。続く宮崎翔は一塁手へのゴロとなったが、走者として残る。そして越智が右前打で繋ぐと、4番の江崎は7球目を左前へ適時打を放ち、1点を返した。その後満塁とし、追い詰めたがあと一歩及ばなかった。
試合後コメント
清水監督「(7回の)牽制悪送球が良くなかった。(9回に)あと1本出せていたらおもしろかった」
主将・宮崎翔(社4)「勝てた試合だったのでもったいない。チームとしてどうやって勝つかを考えてやらないといけない」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です