【軟式野球部】 神大に辛勝

 9月25日、西京極総合運動公園野球場に於いて行われた関西六大学準硬式野球秋季リーグ戦第4節1日目(対神大)。関学は、序盤は相手のピッチャーに苦戦するも、後半は着実に得点を重ね2−0で勝利した。
関学 000 010 100 =2 H8 E2
神大 000 000 000 =0 H6 E1
(関学) 塩澤−石田
 関学の先発塩澤(商3)は、ランナーを出すものの得点を与えない。一方、打線は4回まで1安打に抑えられる。だが、5回に2死三塁の場面で、9番石田(社3)のライトへのタイムリーヒットで1点を先制する。7回にも3番廣橋(社3)のライトへのタイムリーヒットで1点を追加した。2点の援護をもらった塩澤だが、7回にヒットと四球から2死満塁のピンチを招く。しかし、一打同点のこのピンチも後続を落ち着いて打ち取り、無失点で切り抜ける。塩澤はその後も得点を許さず、神大を完封。関学はリーグ戦の成績を6勝1敗とし、優勝へ大きく前進した。
試合後のコメント
主将・廣橋「今日の試合は、相手に合わせて自分たちの野球ができなかった。塩澤は危ない場面もあったが、安心して見ていられた。明日は優勝を狙うには、落とせない試合なので気持ちをしっかり持ち挑んでいきたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です