【バレーボール部】 甲南大に逆転勝ち

 9月23日に行われた関西大学バレーボール連盟秋季リーグ戦(於・近大)。甲南大と対戦した関学。第1、2セットと連取されたが、その後は本来の力を発揮しセットカウント3-2で勝利した。スパイクを打つエース・小野
関学 3-2 甲南大
①(18-25)
②(22-25)
③(25-21)
④(25-17)
⑤(15-11)
 ここまで1勝2敗の関学。前節の大体大戦での敗北を引きずらず、この一戦に臨みたい。対戦相手の甲南大は今春は2部だったとはいえ、決して手は抜けない相手だ。
 第1セット。関学は序盤からリードを許す苦しい展開が続く。竹内洸介(経2)のフェイント攻撃などで得点を重ねるが、点差はなかなか縮まらない。終盤には竹内、東條航(経2)が立て続けにスパイクを決め、さらに1年生の小寺航平(経1)もスパイクを決める。しかし反撃は及ばず、第1セットを先取される形となった。
 続く第2セット。1点目をセッター・穂森荘一郎(商4)とセンター・竹内のクイック攻撃で鮮やかに決める。しかし、ここからは両校互角に点数を取り合っていく。粘っていた関学だったが中盤に5連続で得点を許し、第1セット同様にリードを許す展開に。それでも関学は小野耕路(社4)や佐々木剛(社2)がスパイクを決め、追いかける。しかし、このセットも最後は22-25で奪われた。
 もうあとがない関学だったが、第3セットでその実力を発揮した。開始早々から東條が2連続でブロックを決める。さらに佐々木もスパイク、ブロックと成功させ5-0。その勢いは止まらず、その後も3連続ポイントで8-1とし、完全に主導権を握った。終盤には甲南大の反撃もあったが、それをかわして、第3セットをものにした。
 第4セットでも、関学は底力を見せる。若狭麻希人(商1)の完璧なブロック、そして小野もコースを狙ったスパイクを放ってみせた。そして16-11となったところで柴田篤志(商4)にサーブが託される。ジャンプサーブから放たれたその球はラインぎりぎりに決まり、チームをさらに勢いづけた。この後も、リベロ・山元勝雅(社3)のナイスレシーブを佐々木がきっちり決めるなど、攻守に冴えた関学はようやく試合を振り出しに戻した。
 前節と同様に最終セットまでもつれたこの試合。関学は選手全員が集まり円陣を組み、最終セットに臨んだ。開始から東條が1枚でブロックを決めると、竹内も1枚ブロックを成功させ、2連続で得点を挙げた。その後も佐々木、東條、若狭、小野が確実にスパイクを決め、甲南大を突き放す。最後は15-11となり、セットカウント3-2で競り勝った。
試合後のコメント
主将・穂森荘一郎(商4)「1、2セット目は前の試合(大体大戦)を引きずって入ってしまった。またブロックも決まらず波に乗れなかった。しかし3セット目からはブロックも決まり、勝ちパターンにもっていけた。(次の大産大戦にむけては)勝てない相手ではないのでリベンジしたいです」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です